美肌づくり

乳酸菌で美肌づくり

乳酸菌は腸内環境を整えるのが主な作用であるとされていますが、同時に美肌作りにも効果を発揮します。
そもそも乳酸菌は腸内で有機酸と呼ばれるものを作り出しますが、これは腸そのもののエネルギー源になるとされています。
よってこの有機酸が多く作られれば作られるほど腸の働きが活発になるため、食べ物の消化吸収が円滑的に進み、体内の栄養素のバランスが良くなるのです。

またこの有機酸によって腸が程よく刺激されることで腸のぜん動運動が助けられるため作られた便の排出がスムーズになります。
この作用が美肌作りに大きな役割を果たします。
腸内環境が整わす排便が困難になり便秘気味なると、排便されずに腸にたまってしまった便はやがて有毒物質を発生させるようになります。

最悪の場合、こうした便は体内で腐敗し、体にさまざまな悪影響をもたらし、不快な体臭や口臭を発生させる原因にもなってしまいます。
そしてこうした便から発生した有毒物質は肌へも悪影響を及ぼします。
また人間の肌は常に代謝を繰り返し新しく生まれ変わるのと同時に、さまざまな老廃物も生成していますが、便秘になることによってこの老廃物を体外に排出することが困難になり、結果的に老廃物が肌にたまって肌が汚くなってしまうのです。

肌をきれいにするためには、肌の代謝が円滑に進むことが重要ですが、便秘はこうした肌の代謝作用を阻害してしまいます。
肌をきれいにするためにはもちろん、化粧水などを用いて外側から肌をケアすることも大切です。
しかし外側からいくらケアをしても、上記のような状態で肌の代謝が阻害され、肌が内側から汚れていては美肌を作り出すことはできません。
肌を外側からケアすると同時に内側からケアすることも美肌を手に入れるためには非常に重要なことなのです。
乳酸菌は以上にまとめたメカニズムにより、腸内環境を正常なものにし排便困難を解消しますが、それが結果的に肌の代謝をも促進し、肌を内側からケアすることにつながるのです。
乳酸菌にはたくさんの種類があるので自分に合った種類を見つけることが大切ですが、生きたまま腸に届きやすい乳酸菌を選ぶようにしましょう。
ヨーグルトには動物性の乳酸菌、味噌やキムチなどには植物性乳酸菌が含まれていますので、日常的に食べているような食品から摂取することが可能です。

このページの先頭へ